Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

釣りは自粛すべきか

釣りは自粛すべきか

 

はじめに

 

国の憲法第13条に、「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」となっている。

 

意味がちょっと難しいのでもう少しかみ砕いてみます。

 

”公共の福祉”という意味は「国民の生命、自由、幸福追求」を意味するもので、全体の意味は、個人の自由や幸福追求の権利は他の国民の自由や幸福追求の権利を侵さない限り尊重されるべきという事です。

 

今回のテーマには賛否両論の意見があると思います

 

前提として今はコロナを終息させる為に一人一人が不要不急の外出を避け、自粛するべきであると思います。

 

釣りだけに焦点を当てた場合、都会、地方で判断も当然変わってくると思います。

 

自粛は時と場合によるもの。

 

極端に言えばド田舎で海がすぐ目の前にある場合、人も年間通してほとんどくる事のないこの海。

 

この場合でも自粛して、釣りをしたらダメなのですかね?周りには誰もいないんですよ…

 

コロナの影響によって

 

そしてじわじわコロナ影響がで始めているのがエサ釣り。

 

アオイソメやイシゴカイなどの虫エサは、中国からの輸入に頼っている部分がほとんどである為、今後も更なるエサの確保が困難になってくるでしょう。

 

となると、釣りをしたくてもエサ釣りは出来なくなってきますよね。

 

今現状、出口の見えてこないコロナ問題で、皆コロナ疲れをしてメンタルがやられてしまうんじゃないかと危惧すらします。

 

外に出てストレス発散・気分転換、免疫をつけるなど。自分の体を守りたいと思うのが人間として普通の考えですよね。

 

釣りは3密にあたるの?

 

持論ですが、釣りは”3密”にはならないと思います。(一人の場合のみ)

 

しかし不要不急かと言われたら不要不急だと思います。

 

ご存じの通り、

 

・密集した場所にを避ける

・人と密接しない

・密閉された場所には行かない

 

この3つの要因が重なると、感染者の集団発生(クラスター)が起きやすいことが分かっています。

 

ですからこの3つの密が意味することと、釣りは必ずしもイコールではないと言い切れます。

 

守るべき4つのこと!

 

今はとにかく国から「不要不急の外出は控えて下さい」と言われている状況なので、原則としては釣りに行くべきではないでしょう

 

しかしながら、”釣り”だけをとってみれば他のレジャーに比べて3密のリスクが少ないため比較的安全と言えるのも事実です。

 

もし釣りに行く時は最低限以下の4つのポイントを守りましょう。

 

①極力単独行動を守る

 

友達や家族で大勢で釣りに出掛けるのはNG!こういう状況なので、基本的には単独で行動しましょう。

 

あとは、朝まづめ、夕まづめ、夜中など時間帯を狙って行動したりして、極力人がいない時間帯の釣りがいいでしょう。

 

②ネットショッピングで買い物をする

 

実際問題、釣り具を買い揃えにお店に来ているお客だったり、駐車場に止まっている車を見ると、あまり周囲からいい目で見られない子事が予測される。

 

なので、今は家でネットショッピングを使って買い物をしましょう。

 

③人との接触を避ける

 

ポイントに着いたら、必ず他の釣り人としっかり距離保ちましょう。

 

釣り場によって、人の数は違いますが、特に釣り公園などは密集場所と言えます。

 

ここは休日ともなると、人がいつもより集まりますので避けるべきでしょう。しかしもうすでにコロナの影響で立ち入り禁止になっている所が多いです。

 

④SNSの利用を正しく利用する

 

SNSの普及により、あらゆる誹謗中傷を書かれたりします。

 

真実ではない事も書かれたりします。色んな情報に流されない事、しっかりとした自分の考えを持ってSNSを利用しましょう。

 

皆自粛はしないとダメなのは分かっているのです。

 

しかしそこにしない人に向けてバッシングするのはどうかと私は思います。

 

あとは1点だけSNSを使って釣行内容の記事をアップするのは注意しておいたほうがいいと思います。

 

SNSを使って釣行内容の記事をアップしたものを多くの人達が見た時、気にしない人もいれば、一部面倒な人もいることも頭に入れとかなければなりません。

 

まとめ

 

個人の自由の尊重と自分の判断をしっかり持つ事がやはり大事だと思います。

 

世の中には様々なレジャーがあります。

 

不要普及のレジャーを一つ許すと、それなら〇〇だって〇〇だって…ってなります。

 

このテーマの意見としては「自粛中は釣りにはダメ!でもどうしても行きたいなら誰とも会わないように細々と行くべきである!」と考えます。

 

終息は今現地点でいつになるか分かりません。

 

年内にすら終息するかも分かりません。

 

このまま先の見えない中でずっと家にひきこもる自粛ははっきり言って無理だと思います。

 

ですから自分が感染者であると思って、周りに移す事はしないように然るべき行動をとるようにしましょう。 

 

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!
ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!
週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

屋号 株式会社ベストマーケティング
住所 〒437-0045 静岡県袋井市彦島6-2
電話番号 0538-38-9756
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日
代表者名 西端友基
E-mail info@wild-scene.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

0