Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

高知県 ルアー釣り|釣り場紹介と「アカメ」を守り育てる取り組み

高知県には自然豊かな山林や最後の清流とも言われる有名な「四万十川」があります。

 

黒潮の影響で冬でも温暖な気候のため、冬の朝には海面から湯気立つ神秘的現象が見られることも。

 

高知県の魚と言えば思いつくのはそう「カツオ」!
カツオは高知県の県魚なんです。

 

年間をとおして日常的に食べられます。
とくに秋の下りカツオは脂がのってとてもおいしいですよ。

 

調理法は「たたき」が有名です。

 

「たたき」は地域やそこの集落によって若干レシピが違ったりするので、それもまたおもしろいですね。

 

 

さて今回はそんな高知県でのオススメ釣り場を紹介。

 

足場がよくファミリーを中心に楽しめる場所から、ベテランの人には型が狙えるディープな場所まで。
厳選してまとめましたので、順番に見ていきましょう!

 

【目次】

1.季節で狙えるターゲットは?
2.高知県のオススメ釣り場を紹介
3.深刻なマナー問題
4.アカメを大切に守り育てる
5.まとめ

 

 

1.季節で狙えるターゲットは?

<春>

アジ カマス クロダイ
アオリイカ シーバス

<夏>

青物 シーバス カマス ソウダガツオ
アオリイカ アジ クロダイ

<秋>

アオリイカ 青物 カマス クロダイ
アジ シーバス タチウオ ソウダガツオ

<冬>

タチウオ クロダイ 青物 シーバス

 

2.高知県のオススメ釣り場を紹介

■室戸岬漁港

 

トイレや売店などがあり、ファミリーやカップルにはオススメなポイント。

 

釣り座の特徴としては、少し海面からの高さがあることでしょうか。

ですからライフジャケットは必ず着用し、釣りをしましょう。

 

ここでは夏から秋にかけてのカマスがおもしろいです。
30センチを超えるビッグサイズも狙えるのでぜひオススメ!

 

また室戸岬漁港では大物回遊魚が狙えます。
とうぜんベテランアングラーも多く、ショアジギング・エギングともに釣果が期待できることから、とくに週末は長いテトラ一帯では釣り人で混み合います。

 

むやみに割り込むのではなく、「ルール・マナー」を必ず守り、気持ちよく釣りをしましょう。

例え自分が先行者だとしても、ときには譲り合いの精神も必要です。

 

◎狙える魚
・ヒラマサ
・シイラ
・アオリイカ
・カマス
・ソウダガツオ(メジカ)

 

■貴船漁港

 

浦戸大橋の西にある小さな漁港。

 

浦戸大橋下の護岸から釣りをする人もいますが、この一帯は潮の流れが速いため、そこをいかに攻略するかが重要なポイントとなります。

 

とくにアオリイカに関しては、
・潮流のヨレ
・ベイトが溜まりやすく変化のあるところ
を積極的に責めると釣果が出やすい。

ディープのタイプのエギが活躍します。

 

注意点としては、湾内での船の出入りと波止先端の波返しです。
十分気をつけて釣りをしましょう。

 

◎狙える魚
・クロダイ
・アオリイカ
・シーバス

 

■佐賀港

 

夏になるとカマスを狙う人で賑わいをみせる佐賀港。

過去には春先に4キロ越えのアオリイカも釣れたとか。

 

エギングをはじめ、子どもが釣ったアジを泳がせるヤエン釣りもここではおもしろいかもしれません。

 

その際必ず
・玉網
・ギャフ
のランディングツールは必ず持っていきましょう。
大物が釣れたら親子の思い出になること間違いなし!

 

また対岸の横浜岸壁では、ファミリー中心に
・アジ
・イワシ
などのサビキ釣りが人気で、駐車場やトイレもあります。

 

◎狙える魚
・アジ
・アオリイカ
・カマス
・シーバス
・クロダイ

 

■初崎漁港

 

四万十川河口に位置する初崎漁港はとても穏や。

 

狙えるターゲットの種類は多くありませんが、大きさの型よりはどちらかというと数狙いの釣りにはもってこいのポイントです。
アジなどのナイトゲームが人気があります。

 

またトイレもありファミリーやカップルにオススメですよ。

初崎漁港ではイワシやサヨリがたくさん釣れるため、シーバスもよく集まります。

 

シーバスを狙っていたらまれにアカメが釣れることもあるので、万が一釣れたら優しくリリースしてくださいね。

 

◎狙える魚
・シーバス
・クロダイ

 

■下ノ加江港

 

秋には下ノ加江川河口でランカーサイズのシーバスが釣れます。

 

キスがよく釣れるため、そのベイトに合わせたルアーチョイスが必要です。
あとはヒラメもよく釣れますよ。

 

ここでは釣ったキスを泳がせ、ヒラメを狙う釣り人もよく見かけます。

それから写真左の新港の波止では、アオリイカを狙うのがオススメ!
シーズンになるとスミの跡がたくさん見受けられます。

 

ただし波が高い日は波をかぶることもあるため、十分気を付けてください。

 

漁業関係者の人もよく出入りしますので、迷惑をかけないように車の駐車などには注意しましょう。

 

◎狙える魚
・シーバス
・ヒラメ
・アジ
・アオリイカ
・クロダイ

 

■安満地漁港

 

水深もあり、マダイや青物も期待できる安満地漁港。
夏になるとソウダガツオも釣れるので人気も高いです。

 

夜には常夜灯付近でのエギングもおもしろい。

漁港全体足場もよく駐車スペースも広いため、ファミリーやビギナー向けの漁港にオススメです。

 

◎狙える魚
・ソウダガツオ
・マダイ
・アオリイカ
・アジ
・サバ
・クロダイ
・シーバス

 

■片島港

 

フェリーが発着する片島港。
船の往来がある釣りは細心の注意が必要です。

 

発着所の一部周辺は釣り禁止になります。

 

また片島港は魚の種類も豊富で、
・良型のアジ
・中型サイズのマダイ
など、ナイトゲームに狙えるターゲットもまた魅力的です。

 

クロダイや落ちギスも過去にはそれぞれ60センチ、30センチといった大物級の釣果実績もあり、ここはぜひとも押さえておきたいポイントですね。

 

◎狙える魚
・アオリイカ
・マダイ
・アジ
・クロダイ
・ヒラメ

 

■宿毛新港

 

宿毛市内で大きな港。

一年を通して狙えるターゲットの種類も多く、さまざまな層の人たちで賑わっています。

さらに宿毛新港には公園もあるので、子どもは喜ぶかもしれません。

 

春先では型狙いのアオリイカ。
夏にはソウダガツオ。
秋へと季節が変わる頃にはタチウオのナイトゲーム。
どれもルアーマンなら釣りたい魚ばかり。
宿毛新港の人気が高い理由も頷けます。

 

しかしながら人気がある故に近年ゴミ問題が深刻になってきています。
一人一人が最低限自分の出したゴミを持ち帰るなど、
あたりまえのことができなければ「港全体釣り禁止」も、もはや時間の問題なのかもしれません。

 

『必ずゴミは出さない。出すなら持ち帰る!』
を徹底していきましょう。

 

◎狙える魚
・アオリイカ
・タチウオ
・アジ
・クロダイ
・ソウダガツオ

 

3.深刻なマナー問題

https://www.google.com/amp/pfactory.seesaa.net/article/346091601.html%3famp=1(参照記事)

 

拡散を希望します。
高知県のとある一級ポイントが立入禁止となりました。
これは一部のマナーが悪い人たちによってそうなったのです。

 

少しここで考えて欲しいのです。
「もし自分の立場だったら‥‥」と

 

生活圏の場所に
・平気でゴミを捨てていく
・平気で物を壊していく
・平気で物を奪い取っていく

もし自分なら許せますか?

 

現在釣りブームもあって釣りをする人がここ最近一気に増えました。
でも釣れる場所が年々減っています。

こうなると残った釣り場に人が集中し、
・魚もスレる
・釣り人同士のトラブルも増える
といった悪循環しか生まれません。

 

微力ですがこのSNS時代に、みんなで釣り場を守る働きをしていきましょう。

 

4.アカメを大切に守り育てる

全国でアカメの個体数が多い県は、「宮崎県」と「高知県」です。

宮崎県ではアカメは捕獲禁止、高知県では県独自「注目種」に分類されています。

 

アカメを次世代に守り育てるため、
・アカメのキャッチ&リリース
・無用な殺傷の禁止
・販売目的の捕獲禁止
・捕ったアカメの持ち出し、または持ち込みを禁止
マナーを守ってアカメと接するように、高知県ではお願いを呼びかけています。

 

日本三大怪魚と称されるアカメですが、全国からアカメを狙いにくるアングラーもいる中で、しっかりとモラルある行動をとり大切な個体を残していきましょう。

 

http://shusaku.fool.jp/akame/process/(参照記事)

 

5.まとめ
いかかでしたか?

 

高知県ではファミリーを中心に、ビギナーからベテランまで幅広く楽しめる釣りの場所がいっぱいあります。

ぜひ釣りを楽しみながら、おいしい食べ物や豊かな自然に癒されてみませんか?

Wild Scene フェイスカバー 耳かけ 冷感 UV カット / 吸汗速乾

商品紹介

【冷感タイプの涼しさと通気性抜群のフェイスカバー】   吸湿発散性のある生地がフェイスカバー全体から熱と湿気を逃がし、 涼しく保つことができます。   速乾性の生地のため、水に濡らして気化熱を利用すると夏の強い紫外線によるダメージを軽減させる効果的な使い方がございます。   口、鼻、部分がメッシュ構造…

Wild Scene フィッシンググローブ ハイグリップ 防寒 / 防水

商品紹介

  【フィット感の高さ】 伸縮性の強いネオプレーン素材を使うことで安定のフィット感を実現 長時間の釣行はいかにストレスなく楽しんで釣りをできるかが大事なポイントです。 マジックテープ式を採用しており、ご自分の好きなサイズ感で装着できます。 手の小さな方でも指をグローブの奥まで入れ手首のバンドで固定してご使用でき…

関連情報

公式オンラインショップ

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

屋号 株式会社ベストマーケティング
住所 〒437-0045 静岡県袋井市彦島6-2
電話番号 0538-38-9756
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日
代表者名 西端友基
E-mail info@wild-scene.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

特集

0