Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

【緊急】我々が向き合っていかなければならない 環境問題とその真実 〜序章〜 【前編】

 

初めまして!wild scene広報のあっきーです!

今日から記事を書くことになりました!よろしくお願いします!

とはいえ、今まで記事なんか書いたことないんでもしかしたら他の記事とは一味違う記事になってしまうかも・・・wara

 

まあそれは個性ということで!

そして気になる当面の『お題目』なんですが記事を書くなら最初はこれだなと思っていたんですそれが・・・

 

         環境問題

 

 

これ我々の人生にとって死活問題なんすよ。

なんせ我らが母なる大地『ジ・アース!(地球)』が大ピンチなんすからね!!!

 

今代表的な環境問題は5つ

 

海洋汚染』『大気汚染』『森林伐採地球温暖化』『水質汚染

 

この5つの問題が地球を苦しめてんだねー!

憎たらしいね!

でもね。この問題の原因、それを助長してしまっているもの。それね、

           

人間

なんだよね・・・。悲しい!

 

僕らが知らず知らずのうちに行っていた事が地球を傷つけていたんだね〜!ごめんよお!!!

 

でもね。大丈夫!確かに人間は地球を汚してしまったけどね、そんな人間だからこそ『救う』こともできるんですよ!人間すごいんすよ!

 

『みんなが変われば世界も変わる』 

なんかcmみたいだけれども。

 

まだ間に合います。

僕も偉そう言ってますけど、何も知りません。

だから一生懸命調べます!発信します!

だから一緒に知っていきましょう!

 

最初のテーマは自分が環境問題に興味を持つようになった『原点』

 

海洋汚染

 

について調べていこうと思うよ!

では、知られていない『海』の真実に・・・

 

 

 

topics

 

 

 

 

1・海洋汚染ってなんぞ??その『正体』とは

 

1・他人事じゃない!?僕らも『共犯者』廃棄物による海洋ゴミ

 

2−2・清潔な生活の『代償』生活排水のたどり着く場所

 

2−3・聞いたことある!『海上事故』がもたらす不可抗力の脅威

 

2−4・意外と知らない『化学物質』有害液体物質の流出

 

3・まとめ

 

 

 

1・海洋汚染ってなんぞ??その『正体』とは

 

 

いきなり海洋汚染止めるべ!って言われても『正体』が分からなきゃ戦いようもないっすね!

 

『敵を知り、己を知れば百戦危うからず』

 

”戦いに勝とうと思うなら、まず敵の事

そして自分に何が出来るかを理解すれば

どんな戦いも勝つことができる”

 

孫子良いことゆうよね

 

ではでは敵を知っていきましょう。

海洋汚染は主に4つの要因によって引き起こされているらしいんだよね。

 

それが海洋ゴミ』『生活排水』『有害液体物質

 

この4つのせいで今海が汚れちゃってるんだって!

で!海が汚れると何処に一番影響が出るかというと実はそれが・・・

           

生物

それでその中にはもちろん僕ら『人間』だって例外なく含まれているんです!

 

そしてなんと近年、

魚の数や種類が減ってきている

のです!

 

これは一大事。

今まで普通に楽しめていた釣りやシュノーケリング、

ダイビングなどが将来的にできなくなる可能性があるのです。

めっちゃ困るやん。

 

ではこの4つの要因がどのように作用して海洋汚染が

拡大しているのか、次の項で一つずつ詳しく一緒に見ていきましょう!

 

 

 

 

1・他人事じゃない!?僕らも『共犯者』

 廃棄物による海洋ゴミ

 

 

 

まず一つ目

 

海洋ゴミ

 

海上や海岸にある廃棄物のこと。

 

一番僕らに身近な問題で、海が近い人だったり、よく海にいく人だったら目にしたことがあるんじゃないかな?

 

4つの要因の中で最も『可視化』できる問題だね。

でも意識的に見ないと視えない問題かもしれない。

 

僕もこの活動の中で『海岸清掃』を初めてやってみたんだけど、意識して初めて海岸のゴミの多さが【視えてきた】んだよね。

 

人間ってすごくよく出来てて自分の意識の外の事は見えずらいように出来てんだなって思ったのよ!

 

だから海洋ゴミがあるよってわかった瞬間から

『視えてくるモノ』もあるよって!

 

百聞は一見に如かず。

試しに海が近くにある人は見に行ってみて!

 

いや!近くに海ないわ!』って人は!

・・・実は最初に貼った写真は僕が海岸清掃の時に撮った写真なんだよね〜

 

お分かりいただけただろうか・・・?

(拡大するとこんな感じ)

 

最初は綺麗な海とか空とかに目が行くのだが

海岸にあるおびただしい量のゴミが!!!!

 

折角綺麗なのに勿体無いね・・。

このゴミが海上とか海岸に年々増えていってそれを魚が食べちゃって、またそれを人が食べてってね。

 

体のほとんどが水分の人にとっては海が汚れるってことは『体』が汚れるのと同意なんだよなぁ。

 

そして一番僕らが知らなくちゃいけないことは

そのゴミを出しているのは

       

 

人間

 

そのことなんだと思う。

直接捨てる人もいれば、何処かに捨てたものが流れて漂流ゴミになることもある。

自分は海にゴミ捨ててないよって思ってたけど無意識的に『共犯者』になってたりするんだなって。

そして海に流れ着くものは何も『形あるもの』だけ

じゃないんだよなぁ。。。

 

 

2−2・清潔な生活の『代償』生活排水のたどり着く場所

 

 

 

その二つ目

 

生活排水による汚染

これは実は水質汚染と海洋汚染の両方とも密接な関係にある問題なんだよね。

 

生活排水っていうのは僕たちが日常生活を営む上で出る排水のことで、大きく分けると2つ。

炊事、洗濯、入浴などによる排水の『生活雑排水』と

水洗トイレから出る『排水』を合わせたもの!

 

最初にこれを知った時

『工場や農場からの産業排水の方が多いんでないの?』

って思ったんだよね。

 

でも調べたら産業排水は日本では度重なる公害病から問題視されて排出規制とか処理技術の向上が行われ

改善していってるんだって!

そこで逆に目立ってきたのが

 

生活排水』

 

生活排水には罰則を持った法律がまだ存在せず、お願いベースの規制がある程度なんだって。

 

生活排水って単純に海が汚れるってだけじゃなくて、それが原因で起こっている事もあるんだって!

 

それは『富栄養価』という海に含まれる栄養が自然な状態より多くなる現象が生活排水に含まれる、塩類によって引き起こされて、それに『餌ダー!』ってよってきたプランクトンによって赤潮が発生して、汚染やら、酸素不足やらで海洋生物が大量に死んでいってしまっているんだって!

 

これもまた間接的に僕らの生活の営みが海を汚す要因になっているんだねぇ・・・

ただ海洋汚染の中には、『僕たちの生活が要因』ではないものも存在するんだ。

 

2−3・聞いたことある!『油流出』

不可抗力の脅威画像

 

三つ目

 

油による海洋汚染

この要因は、僕らの生活から排出されるよりも他の要因。

船舶による油の流出

が海を汚染しているというデータがあるんだって!

 

油は流出すると環境を即汚染して除去に時間がかかるから中々に厄介なんだって・・

油流出がどの位起こっているか調べてみたべ!

 

海上保安庁が2016年にまとめたデータによると

2016年の海洋汚染発生件数は全437件

なんとその中で油による汚染は・・

 

293件

 

約68%の海洋汚染が油によって起きているってことですよね・・・?

ヤバない?

 

さらにこの内の170件が船舶による流出で、

不注意が85件故意が20件だって!

 

いや、故意はあかんよって。

 

 

実はお魚ちゃんは油がエラや体表につくと機能不全を起こして亡くなちゃうことがあるんだよぅ

小さい魚なんかは特に影響を受けやすくて、またその魚を餌にしている魚が・・・って負の連鎖が。

つまり、魚も獲れにくくなるし、獲れた魚も汚染されてるってことに・・・

 

ヒィいいいい!!!

 

このようなことにならないように海に携わる人たちの協力は勿論のこと、僕ら一人一人が油によってどんな事が起こってどんな被害があるのかを知るのはとても重要な事だと思うんよ!

 

次はラスト!あまり聞き馴染みのない問題

 

4・意外と知らない『化学物質』有害液体物質の流出

 

四つ目

 

有害化学物質の流出

そもそも有害液体物質てなんなん?

油も有害液体物質ちゃうのん?

と、思ったんで調べて見ました!

 

油」と聞くと、一般的には料理用の油(サラダ油、オリーブオイルなど)やガソリン、ディーゼル油などが思い浮かぶかもしれないが、「有害液体物質」という言葉は日常生活ではあまり馴染みがないかもしれない。 

 「有害液体物質」というのは、「メチルアルコール」や「ベンゼン」などのいわゆる「化学製品」と呼ばれるものが大半を占めているのだが、実は上記の「オリーブ油」など一般的には「油」だと思われるようなものでも「有害液体物質」に分類されているものが多数存在する

 

つまり簡単に言うと、

『重油』『石油』『原油』

など、天然に近いものが

 

 

それ以外の液体物質(主に化学物質)が

 

有害液体物質

 

に分けられるみたい!

これも油と同様に船舶からの流出が懸念とされてるみたいなんだけど、それ以外にも

海洋施設からの流出もある。

 

この海洋施設っていうのは河川沿いの工場や、海に面した工場も含まれるらしいんだ!

この有害液体物質はまだ被害がそこまで大きくないけど、人体や生態系に及ぼす影響は他の3つより甚大になる恐れがあるんだ。

 

化学の域が発展している現在において、これからもっとも気をつけ予防していかなきゃならない問題の一つかもしれないね!

 

 

3・まとめ

 

前編では『海洋汚染の正体』にスポットを当てて書いてみました!

少しは海洋汚染がどんなものか見えてきましたか??

 

後編ではそれに対して『僕らが出来る事』と今巷で話題の『SDGs』について書いていこうと思います!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

0