Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

🐜  生物多様性ってなに??わかり易く解説 💡

 

 

 

 

 

 

どうも!コンチャっす!WildScene広報担当のあっきーです!

 

 

 

 

突然ですが皆さん『生物多様性』という言葉を耳にした事はありますでしょうか?

この生物多様性はすごく簡単にいえば『生きものたちの豊かな個性とつながりのこと』です。

 

何気なく過ごしているこの世界も実は、食料や水、気候の安定など、多様な生物が関わりあう生態系からの恵み(生態系サービス)によって支えられているんです。

つまり動植物による循環よって成り立っているんです。

 

そして今その『生物多様性』に4つの危機が迫っているんです。

 

今回は生物多様性とは何か?それを脅かす危機とどうしたらいいのか?を含めた記事を

なるべく分かり易い解説で書いていこうと思うので、最後まで読んでくれたら嬉しいです!

 

それでは!どうぞ!

 

『浜松の生物多様性』の記事はこちら!

目次

 

 


 

 

1・生物多様性とは?

 

 

生物多様性

 

生物多様性とは、生きものたちの豊かな個性とつながりのことを言います。

地球上の生きものは40億年という長い歴史の中で、さまざまな環境に適応して進化し、3,000万種ともいわれる多様な生きものが生まれました。

 

小さな微生物から大きな鯨まで『生物多様性』の一つなのです。

これらの生命は一つひとつに個性があり、全て直接に、間接的に支えあって生きています。

生物は決して『ひとつ』では生きて行けません。

 

生物は一つ一つを個としそして地球を軸に『循環』し恵みをもたらしあっているのです。

生物多様性条約では3つの多様性があるとしています。

 

 

①生態系の多様性

 

生態系の多様性とは、干潟、サンゴ礁、森林、湿原、河川など様々なタイプの生態系がその場所、その土地ごとに作られていることをいいます。

ここでいう多様性はその土地土地の風土や気候や環境に適応した種の事を言います。

 

②種の多様性

 

種の多様性とは動物や植物、細菌などそれぞれの種類が生息していることをいいます。

生物の種類は世界で約175万種が認知されており、未確認の生物も含めると地球上には3,000万種の生物が存在していると考えられています。

 

③遺伝子の多様性

 

遺伝子の多様性とは同じ種の中の個体差の事です。

例えば、ヒトは体の大きさや肌の色、顔の形など違いがあります。

それは個人の遺伝子レベルで違いがあるからで、これが遺伝子の多様性です。

 


 

2・生物多様性がもたらす恩恵

 

生物多様性は様々な生物がお互いの特徴を共鳴し合うことで様々な恩恵をもたらしあっています。その中でも4つの主な恩恵があるのでここで紹介していきます。

 

①基盤サービス

 

生態系から受ける恩恵,生態系サービスの1つ目は基盤サービスです

私たちの呼吸に必要な酸素は,数十億年の間に微細なシアノバクテリアや植物の光合成により生み出されてきたものです。雲の生成や雨による水の循環,それらに伴う気温・湿度の調節も,森林や湿原の水を蓄える働きなどが関係しています。

  •  
  • checkpoint!
  • ・酸素の供給
  • ・気温、湿度の調節
  • ・水や栄養塩の循環
  • ・豊かな土壌

 

(例)光合成や食物連鎖

 

②供給サービス

 

2つ目は供給サービスです。

私たちの生活は,食べ物,木材,繊維,医薬品など,

さまざまな生物を利用することで成り立っています。

農作物は害虫やそれらを食べる鳥,受粉を助ける昆虫,土壌中の微生物などのつながりの中で育ちます。水産物もプランクトンや海藻,貝,魚などがつながりあう海の生態系の恵みです。

 

checkpoint!

  • ・食べ物
  • ・木材
  • ・医薬品
  • ・品種改良
  • ・バイオミミクリー(生物模倣)

 

(例)鎮痛剤のアスピリンはヤナギの樹皮から発見された。

 

   カワセミのくちばしにヒントを得て設計された500系新幹線

 

③調整サービス

 

3つ目は調整サービスです。

例えば森林が,山地では土砂崩れや土壌の流出を防ぎ,海岸では高潮から沿岸を守るとともに,空気の浄化や安全な飲み水を確保するなどして暮らしを支えています。このように生活の安全や安心の基盤となるサービスです。

 

checkpoint!

  • ・マングローブやサンゴ礁による津波の軽減
  • ・山地災害、土壌流出の軽減

 

(例)植物の二酸化炭素吸収による気候の安定化

 

④文化的サービス

 

4つ目は文化的サービスです。

それぞれの地方に見られる信仰や慣習など固有の文化には,生物多様性や生態系と密接な結びつきがあります。また,それらと結びついた知識や技術,豊かな感性や美意識などが数多く見出せます。食文化や芸術にも自然は多大な影響を与え恩恵をもたらしています。

 

checkpoint!

  • ・地域性豊かな文化
  • ・自然と共生してきた知恵と伝統

 

(例)食では納豆などが自然の恩恵と言える

 

   芸術では、ゴッホの『ひまわり』や『ジブリ作品』も自然の影響を色濃く感じます。

 


 

3・生物多様性に迫る4つの危機

 

日本の生物多様性は4つの危機にさらされています。

過去にも自然現象により大量絶滅が起きていますが今回の主な要因は人間活動によるもの。

種の絶滅のスピードは自然状態の約100~1,000倍になっておりたくさんの生きものたちが絶滅の危機に瀕しています。

 

【第一の危機】人間の破壊活動による危機

 

開発や乱獲による種の減少・絶滅、生息・生育地の減少

鑑賞や商業利用のための乱獲・過剰な採取や埋め立てなどの開発によって生息環境を悪化・破壊するなど、人間活動が自然に与える影響は多大です。

 

(例)森林伐採や乱獲など

 

被害

ヤンバルクイナ・ヒメサユリ

 

【第二の危機】自然に対する働きかけの減少

 

里地里山などの手入れ不足による自然の質の低下

二次林や採草地が利用されなくなったことで生態系のバランスが崩れ、里地里山の動植物が絶滅の危機にさらされています。また、シカやイノシシなどの個体数増加も地域の生態系に大きな影響を与えています。

 

(例)剪定不足や間引き問題・害獣による被害など

 

被害

生態系・放置竹林

 

【第三の危機】持ち込まれた外来生物

 

外来種などの持ち込みによる生態系のかく乱

外来種が在来種を捕食したり、生息場所を奪ったり、交雑して遺伝的な攪乱をもたらしたりしています。また、化学物質の中には動植物への毒性をもつものがあり、それらが生態系に影響を与えています。

 

(例)ブラックバス・アライグマ

 

被害

生態系・獣害

 

【第四の危機】地球環境の変化

 

地球環境の変化による危機

地球温暖化は国境を越えた大きな課題です。平均気温が1.5~2.5度上がると、氷が溶け出す時期が早まったり、高山帯が縮小されたり、海面温度が上昇したりすることによって、動植物の20~30%は絶滅のリスクが高まるといわれています。

 

(例)二酸化炭素濃度の上昇・温暖化

 

被害

サンゴ・ライチョウ

 


 

4・そうならない為に出来る事

生物多様性が、私たちの日常の暮らしと密接に関わっていることを知っていますか?

一人ひとりが生物多様性との関わりを日常の暮らしの中でとらえ、実感し、身近なところから行動することが、生物多様性を守るための第一歩です。

 

生物多様性5箇条

 

1つ・地産地消を心がけることで身近な自然に感謝

 

2つ・自ら自然に歩み寄り触れ合うことで自然を身近に

 

3つ・四季や風情を大切にし、写真や文章にして素晴らしさを伝える

 

4つ・多様な文化や自然や生き物とのつながりを守るため積極的に活動に参加する

 

5つ・周りを巻き込み自分も巻き込まれる

 


 

5・まとめ

今回は『生物多様性』についての記事を書かせていただきましたがいかがだったでしょうか?

我々も魚とは深く関わりがありますので、『生物多様性』を意識して魚をはじめとした

『自然』といい関係性を築いていく必要があります。

 

その為にも、自分で何が大切か見極めることが重要ですね!

 

それでは!また次の記事で!バイバイ!

 

関連情報

公式オンラインショップ

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

屋号 株式会社ベストマーケティング
住所 〒437-0045 静岡県袋井市彦島6-2
電話番号 0538-38-9756
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日
代表者名 西端友基
E-mail info@wild-scene.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

特集