Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

【後半】長崎県 ルアー釣り 5つのエリアの釣り場を厳選して紹介!

さて、前半の「西海エリア」と「長崎エリア」に引き続き、後半ではさらに3つのエリアのおすすめポイントを紹介します。

 

 

【目次】

1.オススメのポイントその③
2.オススメのポイントその④
3.オススメのポイントその⑤
4.釣りの楽園の数々【対馬】【壱岐】【五島列島】
5.知っておかないといけない事実
6.まとめ

 

前半の記事はコチラ↓↓↓

 

1.オススメのポイントその③

島原・諫早エリア

口之津(くちのつ)港

フェリー乗り場がある口之津港。フェリーは天草とをつなぐ大切な海路。
ここに住む人たち、ここへ訪れる人たちの需要な交通手段でもあります。

 

口之津港は、公園から灯台にかけて、さまざまな魚が釣れます。口之津公園にはトイレもあるので、もしものときは安心。

 

また、湾を挟んだ反対側には「大屋港」があります。
そこから「大屋砂上げ場」までの間にはさまざまな魚が居着き、マダイをはじめ夏から秋にかけて青物の回遊もあるため、釣果の期待は高い。

 

近年、アオリイカのシーズンともなると、大型のアオリイカが釣れることもあり、エギンガーで賑わいをみせます。

 

注意事項としては、フェリーとトラックの出入りがありますので、十分気をつけてくださいね。

◎狙える魚
・クロダイ
・シーバス
・コウイカ
・アジ
・青物
・根魚
・アオリイカ
・マダイ

 

 

■早崎漁港

島原半島の最南端に位置する魚影の濃さを誇る漁港です。

 

他のポイントに比べ、潮の満ち引きとは無関係に潮の流れが速い。
夏から秋にかけての青物の回遊が狙い目。

 

また、もう少し先に足を運ぶと「瀬詰埼灯台」があります。ここは、

アオリイカを狙うのには絶好のポイント!

 

早崎漁港はじめ、とくに下げ潮が狙い目になります。

◎狙える魚
・青物
・根魚(メバル、カサゴ)
・ヒラメ
・シーバス
・マダイ
・アオリイカ
・クロダイ

 

 

■有喜漁港

諫早市にある有喜漁港。
夏になると、有喜UKIビーチでは海水浴で多くの人が賑わいます。

 

※ビーチでの釣りは禁止です。

 

禁止エリアを除いても、有喜漁港自体は足場もよく広いため、ファミリーから上級者まで訪れる人気の高い漁港。

 

夜釣りではアジング、春から秋にかけてデイ・ナイトで共にエギンガーが多いです。

 

テトラ帯で釣りをする人が多く見受けられます。安全装備をして足場には十分気をつけましょう。

 

またスズメダイをはじめ小さい魚など、海の中が透き通っていてよく見えるため、子どもがとくに喜ぶかもしれませんね。
コンビニやスーパーまではおよそ5分と便利です。

◎狙える魚
・アオリイカ
・コウイカ
・クロダイ
・ハタ
・アジ
・サゴシ
・ヒラメ

 

 

2.オススメのポイントその④

佐世保エリア

■西海橋

一年を通してクロダイが狙えます。

「クロダイのメッカの地」としても過言ではないほど有名。

 

それ以外では、マダイ、シーバスなども狙えます。シーバスはランカーサイズの期待大!

 

獣道を通って、地磯で釣りをする人もいますが、やはり危険も伴うため、はじめて一人で行く場合は避けた方が無難でしょう。

◎狙える魚
・アジ
・根魚
・マダイ
・シーバス
・クロダイ

 

 

■俵ヶ浦漁港


年間を通して狙えるターゲットの種類が豊富。
潮通しもよく、ベイトとなる小魚が多い。

 

釣り座となる足場はよいため、サビキ釣りを楽しむファミリーから、秋などはエギングやルアーで青物を狙う人たちで賑わいます。

 

ナイトゲームでは、メバリングやアジングなどのライトゲームもここでは人気。

 

当然ですが、流れが速いためライフジャケットを必ず装着した上で釣りをしましょう。

◎狙える魚
・アジ
・根魚
・青物(カンパチ・ヒラマサ)
・シーバス
・クロダイ
・アオリイカ
・コウイカ
・タチウオ
・ヒラメ
・マダイ

 

 

3.オススメのポイントその⑤

平戸・松浦エリア

■潮の浦港

波止先端でアオリイカ狙い。

 

アジにおいては、一年を通して数とサイズが見込めるため、アジを釣りに訪れる人がここは多い。
ファミリー中心に幅広く支持されている港。

 

この漁港から少し行ったところの「曲エリア」では、根魚やマダイ、回遊によって青物が狙えます。

近隣には民家が立ち並ぶため、騒音含め迷惑にならないように注意しましょう!

◎狙える魚
・アジ
・根魚
・青物
・アオリイカ
・クロダイ

 

 

■白浜港

大波止ではさまざまなターゲットが狙えます。
ベイトとなるトビウオを追ってシイラが接岸することも。

 

波止に強く当たるほど北風が吹くと、ベイトとなる小魚たちが打ち寄せられるため、それを捕食する青物等の回遊魚が集まりやすいのです。

他には、マダイ、アオリイカも狙えます。

 

また湾内ではアジや根魚が釣れます。足場もよいため週末ともなると、ファミリーで賑わいます。

 

常夜灯があるので、ナイトゲームでアジングやメバリングも楽しめますよ。

◎狙える魚
・アジ
・根魚
・シイラ
・アオリイカ
・クロダイ
・青物
・マダイ

 

 

大バエ鼻

5月から9月まではアオリイカの禁漁期間。

 

屈指のポイントのため、エギンガー、ヒラハンターなど釣り人同士のトラブルには気をつけましょう。

 

歩行ルートは険しく、事故の報告も上がっていますので注意すること。駐車場からポイントまでは長い距離を歩くことになるので、帰りはヘトヘトになるのは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

◎狙える魚
・シーバス
・ヒラスズキ
・アオリイカ
・クロダイ
・青物
・マダイ

 

 
4.釣りの楽園の数々【対馬】【壱岐】【五島列島】

「一度は釣りで訪れてみたい場所は?」

と聞くと必ずといってもよいほど名前が挙がる対馬・壱岐・五島列島

 

この島々は「釣りの楽園」とも言われます。
・ヒラマサ
・ヒラスズキ
・マダイ
・アオリイカ
・イサキ
などルアーで大物が狙えます。

 

一方エサ釣りでは、
・メジナ
・イシダイ
・クエ
などいろいろな大物たちも釣ることができます。

まさに釣り人憧れの場所なのです。

 

とくにヒラマサは、「磯のスプリンター」とも呼ばれ、ヒットから引き上げ(ランディング)まで強烈なファイトを楽しませてくれます。

 

もちろん一筋縄にいかないのは承知の上。

 

左右疾走してラインブレイクしたりと死闘になりますが、釣れたときの喜びはもう格別です。

 

五島列島では冬の時期「寒ブリ」が釣れることもあって、時期を狙って訪れる遠征アングラーも珍しくない。

お正月の休みにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

アクセスは渡し船、民宿に要相談。それぞれの瀬に渡ります。

場所によっては瀬が低く、

・風向きによって瀬が隠れてしまうポイント

・干潮の前後のみしか狙えないポイント

などなど。

 

船長さんにしっかり聞いておくべき重要なことがそれぞれのポイントであります。
訪れる際はしっかり確認しておきましょう。

 

自然が相手の世界なので、行ったそのときが必ずベストな条件であるとは限りません。

 

無風で凪のときよりも、風が吹いて「サラシ」ができているところを探し、積極的に狙っていきましょう。

 

とくにヒラスズキはサラシを好むので、ルアーもパターンを決めて効率よく狙っていくのがよいですね。
・風向き
・潮の流れ
・地形
それぞれの場所によってすべての条件が合致したとき、大物たちが姿を現すでしょう。

 

5.知っておかないといけない事実

 

 

こういう記事はほんとうに胸が痛みます。
・釣り禁止場所が急速に増加‥
・釣り禁止エリアの拡大‥

釣り環境、残された自然を後世に残すためにも、今私たちはしっかりと責任ある行動をしなければなりません。

 

記事にも書いてありましたが、今後は恐らく残された場所に釣り人が集中し、次第に釣り禁止となっていく最悪の悪循環が待ち受けています。

 

6.まとめ

いかがでしたか?

 

長崎県は対馬海流の恩恵を受け、魚影の濃いフィールドがたくさんあります。

 

一方、全国から人が押し寄せ、立入禁止となる現実問題も同時に抱えています。

 

モラルある行動を心がけ、人に迷惑をかけないように楽しく釣りをしましょう。

 

さぁ、釣りの楽園長崎県へ釣りに出掛けませんか?

 

アジの泳がせで大物を釣る in堤防(人気動画

Wild Scene ライフジャケット ベストタイプ CE認証取得 国内アフターサポート対応

商品紹介

【ライフジャケット ベストタイプ おとな用】サイズ 実際の大きさは、こんなにコンパクト。ライフジャケットの重要性は理解していても、サイズが大きすぎるとアウトドアの際に装着が不便に感じてしまうことでしょう。ワイルドシーンのライフジャケット ベストタイプ おとな用はスリムでコンパクトな設計にデザインされています。 最大ウ…

関連情報

公式オンラインショップ

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

屋号 株式会社ベストマーケティング
住所 〒437-0045 静岡県袋井市彦島6-2
電話番号 0538-38-9756
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日
代表者名 西端友基
E-mail info@wild-scene.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

特集

0