Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

【新潟県 ルアー釣り】|【佐渡島】~釣りロマンを求めて~

魚影も濃く、狙える魚も多いのがこの新潟県。面積は東京都の約6倍で47都道府県で第5位になります。海岸線の長さは634.0㎞もあり、これだけ広いと事前の釣り情報の収集を確実に行う必要があります。

 

新潟県の釣り場はファミリー向けのポイントやベテランの人まで十分楽しめるポイントが多数ありますよ。

 

~所要時間の目安~

【車】

・関東方面から⇒⇒⇒関越自動車道~北陸自動車道(ex:東京から約3時間半ほど)

・北陸方面から⇒⇒⇒北陸自動車道(ex:金沢から約3時間ほど) 

・関西方面から⇒⇒⇒名神~北陸自動車道(ex:大阪から約6時間半ほど)

 

 

<目次>

1. 季節によって釣れる魚
2. 釣り場ポイント一覧
3. ロマンを求めて釣りの楽園「佐渡島へ」
4. さいごに

 

 

1.季節によって釣れる魚

 

【春に釣れる魚

 

サワラ イナダ ヒラメ マゴチ スズキ

 

【夏に釣れる魚

 

スズキ ヒラメ マゴチ

 

【秋に釣れる魚】

 

アオリイカ イナダ サワラ

スズキ

 

【冬に釣れる魚】

 

イナダ サワラ スズキ メバル

 

各季節によって狙えるターゲットです。青物はその年によって回遊がまちまちですが、1年を通して釣れる時期が多いです。

スズキに関しては、ほぼ1年中釣れます。

 

地域・季節にはよりますが、スズキのルアーパターンは、

・ホタルイカ

・ハゼ

・ボラ

・サヨリ

・ハタハタ

 

またイナダやサゴシは「メタルジグ」や「プラグ」で釣れやすいです。

釣れたときの引きも強いため、ビギナーからベテランまで人気が高いですよ。

 

ここ最近、全国的に立ち入り禁止エリアが増えてきていますが、新潟県でも立ち入り禁止エリアがあります。マナーをしっかり守ることを忘れないで釣行しましょう!

 

 

2.釣り場ポイント一覧

 

◆村上市◆

浅い岩場と砂地からなる村上市は、新潟県においても数少ない白い砂浜海岸なのです。各ポイント近くには温泉街もあるので、そこから流れ込む温水によって、冬場でも大物が釣れることがあります。

 

・三面川河口(みおもてがわ)や荒川河口ではシーバス、ヒラメ狙い。

 

シーバスは鮎が遡上する春先や、落ちていく秋頃によく釣れますが、三面川は「鮭が遡上する川」で有名。万が一釣ったりしたら違法ですので、やめましょう。マナー違反です。

 

 

◆胎内市、新発田市◆

・胎内川河口はシーバス、イナダ狙い。

この辺りの場所は、広い駐車スペースもあります。

 

・落堀川河口はシーバス、クロダイ狙い。

 ※落堀川河口西岸にある松塚港は、立ち入り禁止エリアとなっているので注意をしましょう。

 

◆新潟市◆

・「第2東防波堤」は管理釣り場としてファミリー中心に賑わっており、アオリイカやクロダイ、イナダ狙い。

「新潟西海岸突堤」は駐車場やトイレも完備していますので、ここもファミリーや初心者にはオススメです。

 

◆長岡市、出雲崎町◆

・新島崎川河口はシーバスをはじめ、マゴチ、ヒラメ、イナダ狙い。

・寺泊港はクロダイ、サゴシ、イナダ狙い。

 

◆柏崎市、上越市◆

上越地方は急深なサーフが多く、サーフエギングが成立します。

・(大湊海岸)(松波海岸)(米山海岸)ではシーバス、ヒラメ、マゴチ、イナダ狙い。

◎特に鯖石川河口はシーバスポイントで有名です。

 

◆糸魚川市◆

能生川河口はシーバス、マゴチ、ヒラメ、サゴシ、イナダ狙い。

早川河口(浦本海岸)、押上海岸(糸魚川海水浴場)、姫川河口(須沢海岸)も同様に釣れる。

◎姫川は糸魚川市最大の河川で、豊富なベイトフィッシュで有名です。

 

また親不知は綺麗なゴロタ浜で、ショアジギングでフクラギが釣れますよ。

 

 

3.ロマンを求めて釣りの楽園「佐渡島へ」◆佐渡島◆

 

人口58,047人(2014年12月1日現在)新潟県西部に位置する島で、本土より1~2度涼しいと言われる佐渡島。

アクセスは新潟港、直江津港、寺泊港からフェリーを利用します。

 

ここは対馬海流の影響を大きく受け、マグロ、ヒラマサ、メジナ、アオリイカといった高水温を好む魚たちが回遊してくるのです。

 

「とにかく佐渡島は魚影が濃い!!」

 

ここは「ヒラマサ釣りのメッカ」

外海府海岸島は北部に位置する地磯・沖磯のショアからヒラマサが狙える。国内でも数少ないフィールドですので、初めて訪れる場合は渡り船で沖磯に渡るようにしましょう。

 

二つ亀、北鵜島、相川がヒラマサのメジャーポイントになります(各ポイント位置関係)

 

 

ショアキャスティングで狙うヒラマサはマグロやGTと並び、ソルトルアーフィッシング最高峰のターゲットと言われます。

 

シーズンは水温が上がり始める5~6月からスタート。10キロオーバーの大型実績が多数あり、過去には20キロも超える超大型も実績としてあります。

 

【準備しておきたいタックル】

・ロッド‥‥10~11ft ヘビーアクション、ショアキャスティングロッド

・リール ‥‥シマノ 8000~10000番、ダイワ 4500~5000番のスピニング

・メインライン ‥‥最低PE5号、リーダーはナイロン20号以上

 

 

4.さいごに

 

 

いかがでしたでしょうか?釣り以外で新潟県といえば、豊かな自然に恵まれ、おいしいお米やお酒は有名。

 

また佐渡島へ釣行に出掛けたときは、せっかくですから国の天然記念物”トキ”に会いに行ってみるのもいいと思います。

「トキの森公園」に行けば、トキの貴重な姿を見る事が出来ます。

 

また島東側の両津港周辺には「両津温泉郷」があり、ここでゆっくり温泉につかりながら、釣りの話なんかもしながら旅の疲れを癒やしてみてもいいかもしれませんね。

 

さあ新潟県へ釣行に出掛けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

0