Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

6月 ルアー釣り|狙えるターゲットから実践で使えるテクニックまで

6月は5月から安定した気温によって、海水温はおよそ18℃~25℃ぐらいに上がり、フィッシュイーターはじめ、多くの魚の適正水温になります。

 

なんと言っても梅雨入りに入るこの時期。別の記事でも書きましたが、

 

「雨の日は釣れます」

 

・気圧の関係

・水中酸素濃度

・雨によって人的な音をかき消される

 

以上のことからこの結論に辿り着くのです。

 

今回も好評につき前回と同様、魚種を変え、フラットフィッシュの『実践で使える基礎・応用知識』を分かりやすく解説していきます。

 

 

 

6月に狙える主なターゲット

 

アジ

6月から秋にかけて、アジの接岸・回遊が始まります。防波堤の人気魚は、ルアー釣りでも手軽に楽しめ、数釣りも期待できるとあって、人気が高いです。

 

アジは口が柔らかく、乱暴にすると切れやすいので、取り込み時には無理をせず、玉網を使いましょう。

 

昼行性ですが、ナイトゲームのほうが釣れやすいですよ。

 

ハタ類

暖かい海に生息するのが「アカハタ」、日本海側の方に生息するのが「キジハタ」

このようにおおまかに分類される。

 

春先から初夏にかけては良型が狙えます。

 

サバ

6月頃からサバが釣れ始めます。サバは青魚。

 

引きは強く、とてもファイティングな魚です。

潮通しがよいポイントで釣ることが基本となります。

 

夏にかけて、どんどんサイズも大きくなっていきます。

 

地域それぞれベイトは変わりますが、よく言われるこの時期のベイトは「カタクチイワシ」

 

メタルジグで攻めるのが一番の攻略法であると考えられます。

 

フラットフィッシュ

◎適正水温‥‥15~25℃

ヒラメは水産庁のホームページにもあるように、「資源を積極的に増やす取組み」で放流事業が盛んです。

 

ヒラメが安定して釣れるのも、このおかげだとも個人的には思います。

 

フラットフィッシュ 『実践で使える基礎・応用知識』

 

「ヒラメ」と「マゴチ」の特徴・性質

共通点が多いこのヒラメとマゴチ。

しかし違いもあります。

 

これらは回遊する魚ではないので、基本的にはランガンのスタイルが釣果に直結します。

 

広い範囲を効率的にキャストを繰り返し、できるだけ遠くに投げ、ゆっくり巻いてきます。反応が無ければ等間隔に移動していきましょう。

 

 

◆ヒラメ(カレイ目ヒラメ科)

マズメ時が最大のチャンス。

ヒラメの典型的な行動パターンは、暗いときから活発にエサを求め動き回り、日が出ると次第に深場へ潜ってしまいます。

 

ヒラメのベイトはイワシやアジをはじめ、活きがよい小魚が中心なので、海底から離れたところで捕食することがほとんど。

 

遊泳力の点ではヒラメのほうが、マゴチより跳躍力に優れていて、底から一気に浮上し、水面近くまであがることもよくあります。

 

たまにライズが見られるほどです。

※ライズ‥‥魚がエサを追って水面に飛び出すこと

 

ボトム狙いではなく、中層から表層でヒットすることを想定し、ルアーを選択。

 

・メタルジグ

・バイブレーション

(以上の2つはリーリングのスピードでレンジ調節が安易にできる)

ボトムを攻めるならこれで決まり!

 

水深の浅い場所では

・フローティングミノー

 

さらに幅広いレンジに対応できる

・ワーム

ワームは障害物をていねいに攻めたいときに有効。

ジグヘッドではなく「テキサスリグ」にすると、根掛かりを恐れず、積極的に攻めることができるでしょう。

 

※テキサスリグは針先をワームのボディにかすめるようにセットするため、ロストがほとんどなくなります。

 

 

◆マゴチ(カサゴ目コチ科)

 

マゴチは砂地を好みます。マゴチは跳躍力はほとんどなく、ボトムのヒットがほとんどです。

 

ヒラメより遊泳力はありませんが、エサに対する執着心が強いのが、このマゴチの唯一の特徴でもあります。

 

マゴチは単独で行動するわけではなく、ペアや群れで行動するといわれ、釣れたらまたすぐ違うマゴチが釣れることもよくあります。

 

太陽が昇ってからのほうが釣れやすい、通称「照りゴチ」

 

マゴチにはワームが王道!?

実績が高いのは、4インチあたりの「キス」や「イワシ」を意識したワーム

※1インチ=約2.54㎝→4インチ‥‥約10.2㎝

 

人気があるワームの形は視覚効果&波動効果のあるテール付きのワームです。

 

ワームのデメリットを強いて言うなら‥‥

エサとりにやられたり、障害物にひっかかったりして、ワームがちぎれたり、フックからはずれたりすることもあります。そうなるとワーム自身の動きが不自然になるため、都度ワームの状態を気にしていないといけないのがあるといったところでしょうか

 

以上のことを踏まえ、ハードプラグも必ず用意しておくことが大事です。

 

ベイトが活発に泳ぎ回るときなど、早巻きしてルアーを動かしているとバイトしてきます!

 

しかし「かけあがり」「障害物周り」のシャロー狙いであれば、やはり根掛かりは否めません。

 

対策としては3つ

1)ボトムに触れやすいフロント側のトレブルフックをはずす

2)トレブルフック自体をシングルフックに変えてしまう

3)テキサスリグにして、ワームで攻める

 

 

地形や流れの変化に注目

釣果をあげるためには、魚のいる場所を正確に見抜く力が必要です。

 

地形をはじめ、流れに変化がある場所はフィッシュイーターのベイトが集まりやすいです。

 

とくに「堤防先端周辺」や「岸壁のカド」「堤防のつなぎ目」などは、フィッシュイーターがベイトを追い込みやすいだけではなく、外洋からの潮流が障害物にあたり流れの変化に富んでいます。

 

また「消波ブロック」「ゴロタ石」「海藻」などの魚の隠れ家になりそうなところにベイトが集まれば、絶好の釣れるポイントへ変わります。

 

障害物付近は根掛かりなど恐れず、ていねいに攻めることが釣果に繋がります。

 

変化を意識してみてくださいね。

 

レインウエアの準備は大丈夫?

 

雨や海水の波しぶきに濡れながらの釣行は、ストレスしかありません。

 

自分に合ったレインウエアを必ず準備し、装着するようにしてください。これではせっかくの釣行も台い無しです。

 

一番重要視するところは、機能性ももちろんですが、自分の体にちゃんとフィットしてるか、体を動かしてみて、都合悪いところがないかを入念にチェックしておきましょうね。

 

透湿性

汗をかいたときに、湿気をどれくらい外へ放出してくれるかを表す「透湿性」

 

気温も湿度も高く、梅雨の時期は雨が降り続いたり止んだり。

 

テンションもどんよりしがちですが、レインウエアを着ることがストレスになったら意味がありません。

 

しっかりとした透湿性によりその問題を解決します。

 

この透湿性の数値が高いものほど、湿気を積極的に外へ放出し、釣りに全集中できます。

 

 

耐水圧

耐水圧機能のチェックを必ず目を通しておきましょう。

 

雨具全般、「耐水圧」表記が記されています。

 

この耐水圧の数値が高ければ高いほど安心です。

小雨程度なら5,000㎜で十分ですが、基本的に釣りにおいては、15,000㎜をクリアしている物をチョイスしましょう。

 

以上のことから、釣りにおける安心レインウエアの機能のまとめ

・透湿性 10,000g/㎠

・耐水圧 15,000㎜

 

まだ準備してない人、これから購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ

6月は梅雨入りの季節。”ジメジメ”とした日が続きますが、だからこそ雨の日にたくさん釣行に出掛け、たくさん魚を釣ることがオススメです。

 

ご飯のおかずをゲットし、食費までも節約もできる釣りは、体を動かす面でもよい運動にもなりますし、最高ですよね。

 

さあ、外は雨でも元気に釣りに出掛けませんか~♪

 

(関連記事)

7月 ルアー釣り|ワイルドシーンの【マスク】&【フェイスカバー】が大活躍!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

〒437-0045
静岡県袋井市彦島6-2

0538-38-9756

9:00~17:00・定休:土日祝日

This error message is only visible to WordPress admins
There has been a problem with your Instagram Feed.

0