Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

1月にルアーを楽しみたい!

みなさんは1月に釣れる魚種といえばどのような魚を想像いたしますか?

 

 

なかには冬はルアーフィッシングのオフシーズンと考えている方や、寒い時期は なかなか魚が釣れないと考えている方もおり、

残念ながら冬場は釣りを敬遠してしまっている方もいるかもしれません。

 

そしてこのような寒い時期に釣りに行っても釣れないことが続くと、釣りに対する情熱も落ちてしまいこともありそうですよね。

 

しかし、1月に特に釣れやすいといわれる対象魚もおり、特にライトゲームの定番であるメバルやカサゴが狙いやすい時期になります。

 

漁港で簡単に狙うことができる、食べておいしいといったことなどから 人気のターゲットとなっていますので、

みなさんもこの機会にメバルやカサゴ釣りを楽しんでみてください。

 

・メバル

 

メバルは岩礁や海藻が多い漁港に多く生息しております。

 

また日本全国の多くの漁港で手軽に狙うことができる魚種としても知られており、ファミリーフィッシングとしても人気が高いです。

漁港から釣りを楽しむ方は何回かメバルを釣ったことがある方も多いのではないでしょうか?

 

ルアーフィッシング以外にはアオイソメのような虫エサを使ったエサ釣りやサビキ釣りでも簡単に楽しむことができます。

 

また漁港で釣れるメバルのサイズは20センチに満たない個体が多いですが、

なかには 30センチ程度の尺メバルと呼ばれる大きさのものが釣れることも魅力であり

ルアーアングラーはこの尺メバルを釣りあげることが目標として掲げている方も多いです。

 

メバル釣りの注意点としては鋭い背びれで手を怪我してしまうこともありますので、メバルを釣りあげ針を外す際には十分な注意が必要です。

 

不安がある方は魚ばさみを使う方法やフィッシュグローブを使い安全にメバルの取り扱いを行いましょう。

 

小さいサイズが釣れるイメージの強いメバルですが、20センチ後半のサイズから強い引きも大きな魅力で、釣れたメバルは煮つけで楽しむこともうれしいですね。 メバルがよく釣れる時間帯としては、日中でもメバルは釣ることができますが、メバルは夜行性のため夜に活動が活発になりますので、夕方から夜間の釣行がおすすめです。

 

そしてこの時間に25センチ以上の大型のメバルが釣れる可能性がぐっと高くなるともいわれます。 寒い時期の夜釣りはアングラーにとって過酷な環境ともいえますが、 仕事終わりや夜間の余暇時間の楽しみ方として魅力的な時間を楽しむことができそうです。

 

あなたの自宅の近くで手軽に狙うことができるメバル釣りは海のルアーフィッシングを始める最初の段階として最適ですし、なにか熱中できる趣味を見つけたいといった方にも最適です。

 

・カサゴ

カサゴは北海道から沖縄まで広く生息しており、九州ではアラカブ、関西ではガシラなどと呼ばれる堤防釣りの人気のターゲットであり メバルのように1月のような寒い時期によく釣れるとされ、こちらも人気のターゲットです。

 

カサゴは海底の磯場で捕食するものを待ち構えている魚のため、ルアーをボトムまで落とし、カサゴのいる場所近くまで誘うことが有効とされます。

 

漁港で釣ることが多いと思いますが、岩と岩の間や障害物周り、堤防のつなぎ目、 へち釣りなどを狙うと高確率でカサゴを釣ることができます。

 

ワームはベイトタイプのものの他に小型の甲殻類に似せたものも有効で、アクション方法はリフトアンドフォールが有効とされます。

 

漁港内では遠投せずとも足元で釣れることがありますので、地形の変化がある場所や流れの変化がある場所、障害物周りを探ってみてください。

 

カサゴを狙っているとメバルが釣れることも珍しくなく、同じようなポイントで2魚種を狙うことも可能です。

 

・アイナメ

 

 

水温が低くなる時期には産卵のために寄ってくるため主に根魚が岸から釣れやすくなり、大型のアイナメも漁港から狙うことができるターゲットとして有名です。

 

3インチから4インチ程度のワームや、甲殻系ワーム、シンキングミノーを使いボトム中心に狙うことができれば日中に大型のアイナメが釣れることも珍しくありません。

 

30センチ以上のアイナメは引きも非常に強く冬場のルアーフィッシングの人気のターゲットのひとつです。

 

・まとめ

 

1月に狙うことができる魚種をいくつかあげましたが、どの魚もアングラーから愛される魅力的な魚で比較的場所をこだわることなく手軽に釣れる魚といえます。

 

特別なロッドやリールを用意することなく、ちょい投げ竿などで代用できることから道具を揃える難易度も少ない釣り方法もライトゲームの人気の理由といえるかもしれません。

 

あたたかい時期に釣れるイメージの強いルアー釣りですが、様々な魚種を狙うスタイルであれば年中釣りを楽しむことができます。

 

よく釣れるとされている旬の時期の釣りに着目し、みなさんも釣りを手軽に楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

0