Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

Wild Sceneのメタルジグでボトムをマスターしよう

Wild Sceneのメタルジグでボトムをマスターしよう

 

みなさんはメタルジグを操作する際に、ボトムを意識しながらリトリーブできていますか?

またリトリーブレンジにこだわりを持って狙っていますか?

 

メタルジグの操作はアクションももちろんですが、

どの層を通して狙うかが非常に重要なポイントとなります。

 

メタルジグでボトムを狙う場合は、残念ながら根掛かりの頻度が少なくありませんので、

あえてボトムから少し離れた位置でアクションをするアングラーもなかにはいますが、

このように積極的にボトムを狙えていないことは満足いく釣果が得られないことが多いことが欠点になります。

 

特にヒラメやコチなどのサーフフィッシングやロックフィッシュ狙いの場合は、

このような魚の生息域であるボトム狙いが効果的で、

いかにボトムにいる魚にルアーをアピールできるかが釣果を分けることになります。

 

みなさんはお気に入りのメタルジグや釣り具メーカーはありますか?

メタルジグをロストしたくない、高価なルアーはいくつも買えないといった方は、

ぜひコスパの高いWild Sceneのメタルジグをチェックしてみてください。

 

「ボトム狙いのメリット」

 

 

・より近い位置で魚にアピールできる

 

ボトムは根や障害物の宝庫で、魚が潜みやすい場所になっています。

 

そのためボトム付近の魚からより近い位置でメタルジグをリトリーブさせることで、

ルアーに気付いてもらいやすくバイトの数がぐっと上がります。

 

表層や中層になかなか顔を出さない魚種、

ボトムにいることが基本の魚種には まずはボトム狙いがセオリーになります。

釣果にこだわりたい方、ボウズを回避したい方などはメタルジグでボトムを積極的に狙ってみてください。

 

・よく釣れる!

 

 

狙っていた魚でなかったとしても、ボトムには様々な魚が潜んでいるため釣れる確率が高くなりやす

 

いです。 また大きな魚であるほどボトムの水深があるところに身を隠していることも多く、 予想外の大物が掛かることも期待できます。

 

「ボトム狙いの注意点」

 

・根掛かりリスクが高くなる

 

最も大きなデメリットは根掛かりで、根がきつい場所にメタルジグを投げると連発でロストすることも珍しくありません。

 

表層や中層を狙う釣りでは根掛かりの心配がなくストレスなくルアーをリトリーブすることができますが、ボトム狙いでは常に根掛かりの心配がつきまといますよね。

 

また砂地が広がっているサーフより、岩礁帯を狙うロックフィッシュ釣りでは根掛かりリスクが数段上がります。

 

そして高価なルアーを使っているときには「ロストしたくない。」といった気持ちが強くなりやすく、積極的にボトムを攻めきれないこともあると思います。 根掛かりを回避することは難しいですが、よく釣れる方ほどボトムを丁寧に探っている印象があります。

 

「ボトムでのアクション方法」

 

キャスト後は水深にもよりますが、何秒かタイムををカウントし待つことでボトムに着底した感覚がわかると思います。

 

潮の流れがはやく、ボトムに着底したことがわからない場合はジグのウェイトを調整し、より重いものを使うとボトムに着底させやすくなります。

 

ジグが着底したあとは、ズル引きやリフトアンドフォール、ストップアンドゴーなどのアクションを使いジグをアピールさせます。

 

低活性の場合でも魚の近くをリトリーブさせることで食わせのスイッチが入りやすくなるため、ボトム狙いはよく釣れる攻略方法といえます。

 

「コスパの高いWild Sceneのメタルジグを使ってみよう」

 

 

根掛かりするのが嫌でボトムを攻めきれないといった方は、Wild Scene の高コスパのメタルジグがおすすめです。

 

このようなコスパの高いルアーを使うメリットとしては、ロストしてもショックが比較的大きくない、積極的に根周りを攻めることができるため「これまでより釣果がよくなった」といったことがあげられます。

 

釣果を大きく分ける要因として、有名ルアーや高価なルアーを使うことで より釣れると考えている方もいるかもしれませんが、重要なことは潜行レンジを明確にし、魚がいる障害物や根周りに効率よくルアーを投入することがポイントになります。

 

みなさんもコスパの高いWild Sceneのメタルジグを使い、根掛かりを恐れない釣りをしてみてはいがですか?

 

「まとめ」

 

ボトムをいかに攻めることができるかはアングラーのテクニック、根掛かりを恐れないといった割り切った気持ちも大事になります。

 

ボトムまで落とすと根掛かりするイメージが強い方もいると思いますが、 満足いく釣果をあがられる可能性は高くなり、 魚の住処にルアーを直撃させることや、魚に近い位置でのアピールは よく釣れる条件としてあげることができます。

 

品質と価格のバランスの取れたWild Sceneのメタルジグは、あなたの釣果をアップさせる最高のルアーとなるかもしれませんね。

 

 

関連情報

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!
ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!
週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

屋号 株式会社ベストマーケティング
住所 〒437-0045 静岡県袋井市彦島6-2
電話番号 0538-38-9756
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日
代表者名 西端友基
E-mail info@wild-scene.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

〒437-0045
静岡県袋井市彦島6-2

0538-38-9756

9:00~17:00・定休:土日祝日

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。

0