Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

春のルアーフィッシング

春のルアーフィッシング

 

春の季節

 

春は釣りをするには気持ちのいい季節です。だいたい3~5月が一般的に”春”と言われる時期ですね。

 

春に釣れる魚は、日本全国の北海道から沖縄まで全て一緒とは限りませんが、一部同じ魚もいます。

 

それはまた後ほどお話しますが、まずは太平洋か日本海か、岸から釣るのか、船から釣るのか、さらにエサ釣りかルアー釣りかでも釣れる魚は様々なのです。

 

さて今回のテーマは春のルアーフィッシングで人気がある魚、”スズキ”と”メバル”を中心にお話をしていきたいと思います。

 

ルアー釣りにおけるビギナーと上級者の決定的な釣果の差を考えた時、やはりそのイメージの量や深さがプロとアマを分ける決定的な違いであることがわかります。

 

 

スズキ

 

セイゴ、フッコ、スズキと名前が変わる出世魚。

 

ルアー釣りではよくシーバスとも呼ばれます。年間を通して春と秋・冬(10~12月)が最盛期になります。

 

基本的には昼夜を問わず捕食行動をするシーバスですが、どちらかと言えば夜の方が釣れる事が多いですね。

 

しかしながら天候が曇や雨の日、また海が荒れた時などは日中でも釣りやすくなるので、この辺りはチェックしておきましょう。

 

はじめは朝と夕方のマズメ時と、満潮・干潮時の前後に釣りへ出掛けてみるといいでしょう。

 

慣れてきたら夜に釣りをオススメします。

 

また場所も河口付近や湾内、堤防の障害物周りなどのポイントをまず攻めてみたり、仕掛けも初めは標準的サイズのミノーやバイブレーションを使ってみて、徐々にバリエーションを増やしていけばいいのではないかと思います。

 

 

メバル

 

春のルアー釣りで代表的な魚。

 

堤防から釣るのが最もメジャーです。

 

メバルは夜行性のため、多くの人は夜釣りで狙うが、日中でも普通に釣れます。

 

仕掛けは小型のミノーやメタルジグでも釣れますし、ワームに関しては1~3インチの大きさで大丈夫です。ラインもフロロでも全然大丈夫ですが、オススメは細糸でトラブルの少ないナイロン(2lb~4lb)がいいかなと思います。ポピュラーな組み合わせは、2インチ前後のソフトルアーにジグヘッド(0.5g~3g)です。是非やって見て下さい。

 

メバルは水温が13~15℃くらいになると一番活性が高くなります。大型のメバルにもなるとスレてなかなか釣れにくくなる事もあり、見切られる事もしばしば。ずっと同じ攻め方はやめましょうね。

 

また産卵後などの大型メバルは浮いてベイトを捕食する傾向があるので、ワームよりもプラグへの反応が良くなる事があるそうです。ですから大型を狙う時はワームよりプラグをお勧めします。

 

その他釣れる魚

 

◎クロダイ→3月~4月は産卵の最盛期です。最大で70㎝にもなるクロダイはルアーで大型を狙う人も多い。

 

◎アオリイカ→夏終わりの秋から新子(子ども)を狙うことができ、いつも毎年各地の海でエギングをする人たちで賑わう。春は産卵絡みの大型のアオリイカが狙える時期になり、この親イカは生まれて大人になる過程で疑似餌などを見切ってきた事もあり、そう簡単に釣るのは難しい。

 

◎ヒラメ→春を代表する釣りの風物詩のヒラメ。最大で80㎝~1mまでなる。冬の間は深場にいるが、春から初夏にかけての繁殖期には浅場にやってきます。また水温が安定している地域では周年ヒラメを狙うことができる。特にサーフでの釣りは人気です。

 

◎マゴチ→マゴチの産卵期は初夏です。マゴチは暑さに強い魚です。ヒラメの適水温が18度~20度前後であるのに対して、マゴチは20度から22度と適水温が高く、水温が上がってくる5月くらいになると群れになって接岸してくる。

 

ビギナーとプロの違い

誰しも初めの頃、ルアー釣りをしていて、いきなりお目当ての魚が毎回行く度に釣れた経験なんてほとんど無いのではないでしょうか。

 

もちろんビギナーズラックはあると思いますが…。

 

私は最初の頃、場数と経験を積めばいつかはたくさん釣れるようになるだろうと思っていました。

 

ただ漠然と海へ行き、何も考えないでただキャストをして、回収の繰り返し…。

 

釣れないの日々がどれだけ続いたか…。

はっきり言っていつまでたっても上達しないことに気づきました。

 

しかし、その答えは簡潔に言うとイメージなのです。

 

要するに、ただのルアーかもしれませんが、あたかも本当に生きているかの様にルアーを動かす。

 

頭でイメージしたものを脳から腕、手首、竿、糸、ルアーへと息を吹き込み、魚を釣りあげる。

 

これが出来る人はいわゆる釣りのプロです。

 

初心者はこれが出来ない、上級者はこれが出来る。これが決定的な大きな差です。

 

上級者は初めてきた場所でも、釣る事が可能なのです。

 

上級者は釣れた理由づけが出来るのです。偶然はほとんどありません。

 

YOUTUBEで発信出来る人達はこういった人たちですね。

 

まとめ

春の穏やかな晴れの下の釣りは本当に気持ちがいい。

 

春になると色んな魚がルアーで釣れる。

 

もちろん春以外の季節にも釣れますが、初めてルアー釣りするきっかけや今までとは違うターゲットの魚を狙ってみるなど、春はそういった意味でいい季節かもしれませんね。

 

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!
ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!
週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

屋号 株式会社ベストマーケティング
住所 〒437-0045 静岡県袋井市彦島6-2
電話番号 0538-38-9756
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日
代表者名 西端友基
E-mail info@wild-scene.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

0