Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

雨の日は釣れる?

 

雨の日の釣果

 

釣りによくでかける人や週末のみ釣りにでかける人、さまざまです。

 

特に家族で釣りに行く場合は休日の日に行く事が大半ですよね。

 

しかし、そんな日に雨が降るとなったら気分的にテンションは下がります。

 

自然界相手なので仕方ないのですが、いつも晴れという事はまずないでしょう。

 

 一部のアングラーは、台風もしくは強風でない限りは釣りに出掛けますが、多くの人は行かない選択もとる事も少なからず多いです。

 

せっかく雨の日に釣りをする事になった場合でも大丈夫なように、事前に雨の日の釣行に関する知識を身に付けておくことをオススメします。大事な事ですのでしっかり覚えておきましょう。

 

雨の日は全く釣れない訳ではなく、逆に釣れる事の方が多いです。しっかりとした情報と計算によって釣れる確率は上がりますよ。

 

 

雨の日の安全性は大丈夫?

 

釣る場所にもよりますが、堤防以外で磯場やテトラポットで釣りをする時は特に注意して下さい。

 

雨のせいで、視界が格段と悪くなり、また晴れている日に比べていつもより滑りやすいです。

 

一番は無理はしない事だと思いますが、もしその場所で釣りをする場合は波も高くなったりするので、こういった時こそ滑りにくい釣り用の長靴を履くことをオススメします。

 

また安全に魚釣りをするために、レインウエア、レインキャップ、フィッシング用レインブーツの用意と、カバンは防水性があるもので、カバンの中にはスマホが濡れないように防水ケースに入れておきましょう。

 

なければビニール袋でも構いません。

 

以上の事からも晴れていても根本的に海での危険性は変わりありませんが、雨の日はさらに危険性も伴います。

 

魚を釣る準備よりも、身の危険を守る準備を率先して行う事をしましょう。

 

雨の日の特徴とは

 

雨の日は、浮き袋と呼ばれる空気が入った袋を持っている魚たちが気圧の関係上、気圧が下がる事により浮きやすくなります。

 

そして水中の酸素量も増えるので魚たちの活性が上がります。

 

これらの要因でまず雨の日は魚が釣れると言われるのです。

 

さらに釣り人が晴れの日に比べるとはるかに少ない事も釣れる要因の一つに挙げられます。

 

人気のポイントは週末ともなると、かなりの人で賑わいますので、どうしてもスレてしまいます。

 

ですから、雨の日にあえてそういうポイントを狙ってみてもいいかもしれませんね。

 

ちなみに雨の日は雨の音に紛れて人的なプレッシャーがまぎれやすいので、足音やそれ以外の音がかき消され、魚たちに気配を気づかれにくくなるので逃げる事も減ります。

 

結果的に雨の日は釣れますが、雨により海の濁りがひどくなった時は釣りをするのをまずやめましょう。

 

釣れやすい魚、釣れにくくなる魚は?

雨の日釣れる魚:『シーバス』、『ヒラメ』、『マゴチ』

 

川などの流れ込みがあるポイントではよくシーバスが釣れます。

 

理由としては雨で潮目が発生しやすくなる為だと言われています。

 

ボトムやトップと同じように、シーバスなどのフィッシュイーターが小魚を追い込む時の壁の役割を果たします。

 

ルアーの種類もカラーも幅広くありますが、基本的に濁りがある時はシルエットがはっきり分かるようなグローチャート系や赤金、ブラック系が一般的に良いと言われています。

 

迷ったらこのパターンで攻めてみて下さい。

 

あとは、ヒラメ、マゴチなどもこれらの潮目に従って小魚たちが移動する事も多い事から潮目の下にはヒラメやマゴチがいる可能性が高くなります。

 

釣れにくい魚:『アオリイカ』

 

アオリイカなどの魚は、大雨で水の量が増え、波が荒れたり、濁ったりした場合、また塩分濃度が低くなった時を嫌う為、アオリイカはじめ濁りや荒れを好まない魚は海の深い場所に逃げ込んでしまったり、穏やかな場所へ逃げ込んでしまったりとすることがあります。

 

しかしながら慣れたアングラーは仕掛けに工夫を施したり、場所選びも工夫をして釣り上げます。

 

こればっかりは経験値の差だと思います。

 

しかしながら初心者はまず、大雨後の日から少し日数をおいてから釣りをするのがはじめは無難かもしれません。

 

まとめ

 

それから一般的に釣れないと思われがちな雨の日の釣りですが、実は晴れた日よりも釣果が上がることの方が多い事が分かったと思います。

 

釣りというのはビギナーズラックというものはありますが、経験値を増やしていくと、その時その時での考えが研ぎ澄まされ、釣果にむすびつく事が多くなります。

 

あとは前半にも言いましたが、雷の音が聞こえてきたらすぐに竿をたたんで避難する事は守って下さい。

 

あとちょっとという気持ちでやっていると引くにひけなくなり、最悪命を落としかねません。

 

カーボンを使用している釣り竿は、特に電気を通しやすい性質を持っているので、本当に危ないです。出来れば単独釣行ではなく、複数釣行の方がいいと思います。

 

安全に気をつけて、雨の日に釣りで出掛けてみて下さい。

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!
ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!
週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

屋号 株式会社ベストマーケティング
住所 〒437-0045 静岡県袋井市彦島6-2
電話番号 0538-38-9756
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日
代表者名 西端友基
E-mail info@wild-scene.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

0