Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

【ルアー釣り本番の季節!】~春が旬の魚ランキング TOP3~

 

すっかり春らしくなってきた今日この頃。ルアー釣り本番の季節がやってきました。

 

ところで、みなさんは旬の魚と聞いて、何を思いますか?

旬の魚は「今日釣れた魚だから、その日の内に食べれば絶対おいしい」と思っている方!じつはその考えは間違いなのです。

 

釣れた魚を釣って、おいしく食べるためにやるべきことは、その場で「締める!」

 

今回は絞め方についての説明もあわせて簡単に紹介します。

 

さあ、春が旬の魚ランキングTOP3をみていきましょう。

 

第3位 メバル

 

 

”春を告げる魚”メバル。小さなサイズのメバルは、釣れだすと数も多くなることから、海水で浸した氷漬けのクーラーボックスに入れて、「氷締め」にするのが一番。

 

春の産卵期ともなると、大型のメバルも接岸してきます。

喰いが渋いのは産卵した直後ですが、同時に体力を回復するために活発に捕食するようにもなります。

 

大型の尺メバル(30㎝~)となると、クーラボックスに入れずに「血抜き」をするとよいでしょう。

両エラをハサミで切断し、海水バケツに入れておくだけ。簡単です。

 

ちなみ尺メバルは、30㎝を超えるサイズになるのは10年以上かかるとも言われています。釣れれば本当に自慢できますよ!

 

第2位 サワラ

 

サワラは【スズキ目・サバ科】に属する海水魚の一種であり、スタイリッシュで見た目も少し他の魚よりも細長く、大型の肉食魚です。 

 

サワラは出生魚。サワラは匂いが強烈で、それは表面から出るヌメリが原因だそうです。とくに水温が上がる季節になると、その匂いも強くなります。

 

サワラは成長するに従ってサゴシ(40~50㎝くらい)→ナギ(50-60cm)→サワラ(60cm以上)と呼び名が変わります。

 

サワラの身は脂が乗って、白身魚のような色をしています。問答無用で 新鮮な状態だなサワラは、まず「刺し身」

 

しかし、アニサキスには注意が必要です!サワラに限ったことではないのですが、多くの種類の魚類に寄生するこの線虫アニサキスは、生食で魚を食べる場合に食中毒の危険性が高まるので要注意。サワラは特に注意が必要です。

 

またサワラは釣ったあと、すぐに死んで硬直してしまい、いち早く絞めて「血抜き」をする必要があります。

 

その際、うっ血するのを防ぐため、サゴシが暴れないように押さえて、注意しながら素早く血抜きをするのがコツです。

 

神経棒で絞めるやり方もあるのですが、初心者には少し難しいので、まずは簡単な方法として、下記の手順で絞めましょう。

 

1)両エラの付け根を切る(ナイフでもハサミでもOK)

2)こめかみ(目の後ろ、エラの延長線上あたり)をブッタ切る

3)エラをつかんで血を抜いて、海水を溜めたバケツにしばらく入れておく

 

子どものときのサゴシは、メバル同様、”春を告げる魚”と言われています。春になると、産卵の為に群れで岸の方まで押し寄せます。

そこをルアーで狙う人も多く、難しい釣り方ではないので、初心者にはオススメです。

 

第1位 アオリイカ

 

春の親イカは,産卵期に入り藻場に卵を産みつけるため、比較的岸近くまで接岸します。

 

春に生まれた赤ちゃんイカが、夏~秋を経て、寒い冬を外洋で過ごし、そうして産卵できるまでに成長して沿岸部に帰ってくるのです。

 

秋シーズンとは違い、簡単には釣れません。エギングが上手な人ですら、1日まったく釣れないこともよくあります。だからこそ釣れるまで、”ひたすらシャクる!”これに尽きます。

釣ってみる価値がありませんか?

 

キロオーバーも普通に狙えますし、夢の3キロオーバーだって狙えますよ。

 

【用意するタックル】

・ロッド‥‥8~9ft(Mクラス~)

・リール‥‥2000~2500番

・PEライン‥‥1~1.2号(もう少し細くてもOK)

・リーダー‥‥フロロカーボン2(8lb)

・エギ‥‥3~4号(シャロータイプのエギがよい)

 

新鮮なアオリイカは本当に美味。アオリイカの絞める箇所は「胴側と足側の2箇所」と覚えておきましょう。下記の手順を参考ください。

 

1)イカ絞め専用のピックを目と目の間の少し上を45度位 傾けた状態で、胴側に向けてピックで一刺しする(ナイフ・ハサミでも可)

2)イカの胴の色が白くなれば、胴が完全に締まった証拠です(一発で絞まらなかったら、2~3回繰り返す)

3)また①に戻り、今度は目と目の間から45度位傾けた状態で、足側に向けて一刺しします

4)胴と同じように、頭と足が白くなったら成功

 

補足ですが、アオリイカの墨はとるのに時間がかかる為、生きたままだとスミをはいてしまいます。

 

必ずしっかりその場で絞める事を行い、ジップロック等に入れて持ち帰りましょう。

 

持ち帰るときはクーラーボックスの底に氷や保冷剤を敷き、新聞紙など上から被して、絞めたイカの袋を入れておけば安心です。

 

あと、イカは真水を嫌うので、誤ってもクーラーボックスの中に氷を直接入れたりするのはやめましょう。

 

真水に触れると味が落ちるため、せっかく釣れたイカが台無しになってしまいます。

 

まとめ

 

 

釣れた旬の魚をその場で絞めて持ち帰り、鮮度抜群の状態で調理して、最高においしく食べる。

 

これは”敬意を払う”という意味で自然に対しても、また魚に対しても大事な事です。

 

たくさん魚が釣れすぎても、近所の人や、友達、知り合いの人に分けてあげるだけで、ほんとうに喜ばれますし、逆に何かお返しをくれることだってあるんです(笑)

 

「また釣ってきたらちょうだいね!」

 

こんな言葉を言ってもらえたら、釣りってほんとうにいい趣味ですよね。

 

さあ、春本番!釣りにでかけましょう~♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

0