Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

【前半】長崎県 ルアー釣り 5つのエリアの釣り場を厳選して紹介!

「めちゃくちゃ魚が釣れる県ランキング TOP5」の記事で見事No.1の県に輝いた長崎県。

 

結論から言うと、長崎県は暖流の対馬海流を受けるため一年を通して平均水温は高く安定します。
このことから釣果にも比例し、冬でも釣れる期待値は高いのです。

 

東の方角には佐賀県、それ以外は海に囲まれている長崎県。
・対馬


・壱岐島


・五島列島


などの島々も含めると、全国でも離島の数が断トツ日本一。

その数はなんと「971ヶ所」もあるんですよ!

 

また海岸線の長さもトップクラス!
県自体の面積は大きくないのですが、リアス式海岸で多く成り立つその地形の特徴から、複雑に入り組む「入り江」が多いのがその理由。

 

長崎県全体で83ヶ所の漁港が点在しており、国内の7.4%ほどに及びます。

 

魚影の濃い漁港が多くて、風が強い日でもかわすポイントも多い。

そういった理由から含めても、「めちゃくちゃ釣れるNo.1の県」であるということが分かります。

 

さて「前半」と「後半」の二部構成にわたり、長崎県の素晴らしい釣り場を5つのエリアごとに紹介していきます。

前半の今回は、「西海エリア」と「長崎エリア」から!

 

【目次】

1.季節で釣れる魚
2.オススメのポイントその①【西海エリア】
3.オススメのポイントその②【長崎エリア】
4.近年問題になっていること
5.まとめ

 

 

1.季節で釣れる魚

釣り人たちを魅了してやまない理由の一つとして、年間を通してルアーで狙える魚が多いこと。

 

当然、長崎県は魚種数日本一!

 

「自然豊かな景観で、思う存分釣りをして、お腹いっぱい魚を食べる」
オールシーズンベストな釣りが楽しめます。

<春>

クロダイ シーバス メバル アオリイカ
カマス ヒラメ マダイ コウイカ

<夏>

クロダイ シーバス タチウオ アジ
カマス 青物 マダイ

<秋>

クロダイ シーバス アオリイカ カマス
サゴシ 青物 タチウオ マダイ
ヒラメ シイラ

 

<冬>

クロダイ シーバス マダイ カサゴ
サゴシ タチウオ 青物 コウイカ
アジ スルメイカ

 

2.オススメのポイントその①

西海エリア

■崎戸港

釣り座もなる岸壁の足場もよいため、ファミリーから初心者にオススメの釣り場。
テトラ帯では、
・フィッシングシューズ
・ライフジャケット
必ず装備した上で釣りをしましょう。

 

夏から秋にかけてはアジ、ルアーでカマスが人気。
アオリイカも一年を通して数が狙えるため、エギンガーで多く人が集まるのも崎戸港の風物詩。

 

○で囲ったエリアは満潮時に水没するので注意が必要!

◎狙える魚
・アオリイカ
・アジ
・カマス
・クロダイ
・シーバス

 

 

■太田尾漁港

大島の中でも、とくに釣り人からの支持が高い釣り場。
大島西部に位置し五島灘にも面しているので、年間さまざまな種類のターゲットを狙うことが可能。

 

アオリイカは春や秋。

多くのエギンガーが集まり、内波止は賑わいを見せます。

 

一方、外側のテトラ帯ではカサゴやクロダイを狙うのに好ポイント。
カサゴに関しては年間を通して狙うことができ、尺オーバーも期待できます。

◎狙える魚
・アオリイカ
・カサゴ
・クロダイ
・アジ
・シーバス

 

 

■面高漁港


石積み先端では、マダイをはじめ青物、アオリイカが狙い目。
石積みになっている波止は足場が悪いため、安全装備が必須です。

 

変化のあるカケアガリでは、

・クロダイや

・カサゴ

・メバル

などが居着き、釣果アップに繋がりやすいためしっかりと狙っていきたいところ。

 

潮回りによっては地磯が隠れる場所もあるので、その点は注意が必要です。

 

また面高漁港の周囲には民家があるため、地元の人が生活していることを忘れず、迷惑になるような行動は必ず避けましょう!

◎狙える魚
・マダイ
・青物
・アオリイカ
・クロダイ
・根魚

 

 

3.オススメのポイントその②【長崎エリア】

長崎エリア

■長与港

クロダイとシーバスは一年中狙え、シーバスは夏になると数釣りが楽しめます。
サイズもランカーサイズの釣果報告もあるため、実績ある釣り場です。

 

メインの釣り座では車を横付けできるため、この一帯はファミリー層で賑わいます。

 

子どもは、サビキ釣りでのアジや投げ釣りでのキスがおもしろい。

◎狙えるターゲット
・アジ
・シーバス
・クロダイ
・メバル

 

 

■神ノ島港

アオリイカの実績が高い釣り場。

長崎エリアにおいて神ノ島港は、ナイトゲームでの釣果の期待が大。

 

波止は足場がよく、ファミリーからベテランまで幅広いレベルのアングラーに人気があります。

 

主に先端では根魚、先端内向きではアオリイカが狙い目。

 

神ノ島港では車を駐車できるスペースがないため、「神の島公園」に車を停めるのが基本となります。

 

ここの釣り場の先には「四郎ヶ島」という釣り場もあり、アベレージ60センチのシーバスやマダイが狙えますよ。

 

潮の流れは速いですが、実績の高い釣り場ですので、行ってみてもおもしろいのではないでしょうか。

 

ちなみに○で囲んだイケス周辺の釣りは禁止となっています。気をつけてください!

◎狙える魚
・アジ
・アオリイカ
・クロダイ
・キジハタ
・カサゴ

 

 

■樺島漁港


長崎半島屈指の有名ポイント。

 

潮の流れが早く、さまざまなターゲットが狙えることから、初心者はもちろんのことベテランの人も多く見かけます。

 

足場がよく、ファミリーフィッシングで訪れるのにもオススメ!

 

○で囲んだ「大漁橋」から釣りはできますが、電線にラインを引っ掛けないように注意してください!
あと、駐停車も禁止です!
絶対に地元住民に迷惑をかけないようにしましょう。

◎狙える魚
・タチウオ
・アオリイカ
・マダイ
・アジ

 

 

■野々串漁港

波止内向きではアオリイカ、外向きではシーバスやヒラスズキが狙えます。
他にはクロダイやメバルも狙えます。

 

隣に行くと「インゲリ鼻」という釣り場ポイントがあります。
潮位の関係で沈んでしまう地磯があるため、事前に潮回りとその場所を把握するようにしておきましょう。

◎狙える魚
・メバル
・アオリイカ
・ヒラスズキ
・シーバス
・カサゴ
・青物

 

 

■三ツ瀬


野母半島でよく釣れるスポットと言われるのがこの三ツ瀬。

超一級ポイントです。
ここは渡し船を使って渡ります。

渡し船の詳細はコチラ↓↓↓

ルアーを使って大物を釣り上げるアングラーも近年数が多い。

 

実力と経験が備わればぜひ挑戦する価値あるポイントです。

◎狙える魚
・マダイ
・ヒラスズキ
・シーバス
・クロダイ
・青物(ブリ、ヒラマサ、カンパチ)

 

4.近年問題になっていること

すっかりSNSの時代になった昨今。
便利さ故にさまざまな問題も同時に引き起こります。

YouTubeにアップされた釣りの動画。
大漁橋で大物が釣れた様子をアップしたところ、これに触発された人が一気に集中し、釣り人が極端に増えました。

 

この当時はコロナ禍によって県外への自粛規制中だったにも関わらず、県外ナンバーの車が多く押し寄せたことは、地元住民にとっては、ただただ迷惑でしかありません。

 

コンビニに置いてあるゴミ箱には、撒き餌のビニール袋や釣り針の入ったゴミ袋など多く捨てられ、これによってケガをする店舗の従業員もいました。

 

こういった問題はこれからも増えてくると思われますし、そうしないように前提として「ゴミは必ず家に持ち帰ること」をお願いしたいです。

 

冒頭にも書きましたが、長崎県は釣り場ポイントの数が多い反面、人気ポイント以外にも、「隠れた穴場」が実に多いのです。

 

しかし今回の件で分かったように、隠れた穴場というものは、そこを大事にしている地元の人であったり、他の人には教えたくないもの。

ましてや部外者がSNSで拡散しようものなら迷惑でしかありません。

 

動画コンテンツは時として、こういった望まない人の動きを後押しさせてしまいます。

 

良識もった発信をすることと、受けて側はモラルある行動をすることが大切なんですよね。

 

5.まとめ

いかがでしたか?

 

「西海エリア」と「長崎エリア」だけでもすべて紹介しきれないほどの好ポイントの釣り場ばかり。

それでは後半も併せてご覧ください!

 

 

■最新動画 アオリイカのウキ釣り!

Wild Scene ライフジャケット ウエストタイプ 釣り CE認証取得

商品紹介

【ライフジャケット ウエストタイプ 大人用】サイズ 実際の大きさは、こんなにコンパクト ライフジャケットの重要性は理解していても、サイズが大きすぎるとアウトドアの際に装着が不便に感じてしまうことでしょう。 ワイルドシーンのライフジャケットウエストタイプ大人用はスリムでコンパクトな設計にデザインされています。 ウエスト65…

関連情報

公式オンラインショップ

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

屋号 株式会社ベストマーケティング
住所 〒437-0045 静岡県袋井市彦島6-2
電話番号 0538-38-9756
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日
代表者名 西端友基
E-mail info@wild-scene.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

特集

0