Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

マイクロジグの活躍ポイント

マイクロジグの活躍ポイント

 

みなさんはマイクロジグを知っていますか?

 

これはウェイトやフォルムがとても小さく、まるで小指ほどのルアーのことをさします。

 

ウェイトは細かく分けられ、重心の位置もそれぞれ違いがみられます。

マイクロジグはメバルやカサゴなどを釣るときに非常に有効になるルアーで

最近は堤防のデイゲームの人気ルアーです。

 

ここではどのような場面で活躍するのか、アクション方法などを説明いたします。

みなさんもよく釣れると噂のマイクロジグをこの機会にチェックしてみましょう。

 

どのような場面で使う?

 

マイクロジグは、「ワームでは届かないポイントが遠いエリアを狙いたいとき」、

「強風時」、「潮流れがはやいエリア」、「深いレンジを狙いたいとき」、「フグなどにワームを破損されるとき」などに特に活躍します。

 

みなさんもメバルやカサゴを狙うときには上記のようなことを感じた経験はありませんか?

 

ワームに比べるとマイクロジグは少々スレやすい特徴がありますが、今まで届かなかったエリアで誘うことができる大きなメリットがあります。

 

またカサゴやメバル以外のアジやサバなど青物に対してもマイクロジグは有効なルアーのため、みなさんも気軽にマイクロジグを使ってみてください。

 

アクション方法

 

ここではマイクロジグの主なアクション方法を紹介します。

 

魚の反応をみて、それぞれ使い分けを行ってみましょう。

 

・リフトアンドフォール

 

キャスト後はロッドをしゃくり、水中で縦の動きで誘います。

 

日中にメバルやカサゴを狙う場合は、ボトム付近の深い層でこのアクションをすると良いでしょう。

 

岩礁帯、障害物周りにいるカサゴやメバルの近くをリトリーブさせ、狙ってみましょう。

 

ジグの最も基本的なアクション方法です。

 

・ただ巻き

 

高活性な魚はただ巻きでもよく反応します。

 

リフトアンドフォールアクションでバイトがないときには、ただ巻きも試してみましょう。

 

ただ巻きで気をつけることとしては、巻くスピードを変えながら誘うことがコツになります。

 

誰でも簡単に行えるただ巻きは、どのレンジをリトリーブさせているのか頭でイメージしながらルアーを動かしてみてください。

 

・ちょんちょん巻き

 

これはリフトアンドフォールにアクション方法が似ていますが、フォール幅を狭くしてアピールする方法になります。

 

リフトアンドフォールは最も基本的なアクション方法で魚にとっても見慣れていることがありますので、他のアングラーとは少々異なったアクション方法をすることで魚は自然なベイトと勘違いしてバイトすることがあります。

 

・ボトムパンピング

 

これはキャスト後にボトムまでルアーを着底させ、その後ボトムをたたくようにしてアクションする方法になります。

 

これはボトムから動かないような低活性な場合におすすめです。

 

根掛かりリスクはありますがよく釣れるアクション方法で、主にデイゲームでよく使われることが多いです。

 

マイクロジグは、ヒラメや根魚の反応も

 

数グラムのマイクロジグは、小さな魚しか釣れないようなイメージをお持ちではありませんか?

 

しかし、30センチ以上の魚がヒットすることも珍しくなくヒラメやアイナメ、ソイなどまずまずのサイズが釣れることがあります。

 

そして大きなルアーに反応しないときには、マイクロジグのような小さいベイトが捕食対象になっている場合があります。

 

カサゴやメバルに限定することなく多魚種を狙うことができるマイクロジグは

みなさんの期待を膨らませるルアーですね。

 

使ったあとは必ず水洗いを

 

ルアーを長い期間使うためには、釣行ごとの洗浄が欠かせません。

 

海水に使ったルアーは数日放置するとすぐにサビてしまうため、帰宅後はすぐに水洗いを行いましょう。

 

マイクロジグの塗装や、フックの強度を保つためにもサビを防ぎ美しい状態でマイクロジグを使いたいですね。

 

・マイクロジグを使った印象

 

私がマイクロジグを始めて使った印象として、予想以上に飛距離が出ると感じました。

 

これはジグのサイズが小さいことで空気抵抗が減るためです。

 

また、メバルやカサゴ狙いでワームを投げると高確率でフグの猛攻に遭遇しすぐにワーム交換をしていたのですが、マイクロジグは耐久性が高いため破損による交換がないことが大きなメリットに感じました。

 

ワームとマイクロジグを比較すると釣果に大きな差はないように感じたため、今では私のお気に入りのルアーのひとつとなっています。

 

まとめ

 

メバルやカサゴには、ワームやプラグ以外にもマイクロジグがよく釣れると評判です。

 

なんといっても最大のメリットである飛距離が出ることは、アングラーも気持ちよくキャストが可能ですね。

 

また耐久性にも優れる点は、経済的にもうれしくライトゲーム、多魚種狙いの釣りにはみなさんもまずまマイクロジグを使ってみましょう。

 

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Scene|Wild Scene公式オンラインショップ

Wild Sceneではオリジナルのメタルジグ「Wild Scene(ワイルドシーン)」をはじめ、当店こだわりのソルトルアーを多数取り扱っております!
ルアーロストやキャストミス・根がかりが気になり狙えなかったポイントも大胆に攻め大物狙いを可能に!
週末アングラーのお財布に優しいコストパフォーマンスでご提供しております!

屋号 株式会社ベストマーケティング
住所 〒437-0045 静岡県袋井市彦島6-2
電話番号 0538-38-9756
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日
代表者名 西端友基
E-mail info@wild-scene.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

0